副業をすることができるのであれば、借金返済額を増やすために積極的にトライする

【問題】 あなたは、銀行から年率12%で100万円借りました。銀行から「返済が大変でしょうから、返済は月々1万円でいいですよ」と言われます。毎月の返済額が減るのは、あなたにとっても嬉しいことであり、さっそくその条件で契約しました。
借金が250万円ある場合、どうやって返済をしていけば良いのか、なかなか見通しを立てづらいかと思います。ここでは、250万円の借金を返済する場合の月々の返済額の目安をご紹介してきながら、より効率的に借金を返済していく方法もお伝えしていきます。
借金返済の強い味方である「おまとめローン」ですが、実はメリットばかりではなく、デメリットもあります。しかしながら、おまとめローン利用者の多くが、そのようなデメリットを把握しないまま商品を申し込みしてしまっているケースもあります。
お金を借りることは、悪いことなのか? そんなことはない。 まずは借金に対するネガティブなイメージを取り去ろう。 何故かというと、ボクは不動産投資家だからだ。不動産投資は、数千万あるいは億単位のお金が必要である。それらは、借り入れすることで事業を展開できるのだ。
つまり、普通のサラリーマンの人には信じられないような金額の借り入れをしている。だから、ある意味、借金で生計を立てているようなものだ。 もともと、うちは母子家庭で、決して裕福ではなかった。この辺の具体的な話は別なブログにまとめるつもりであるが、先進国に対する発展途上国みたいに。