恋の季節

私は子供の頃コンビニも町に1つしかないような大の田舎に住んでいました。したがって、冬にはいつも大雪が降っており、学校のグラウンドと雪でいっぱいで所々に雪だるまが作られているような状態でした。そして、毎年誰が1番大きな雪だるまを作れるか一生懸命勝負していたことを覚えています。ビニール製の手袋ではなく、布製の手袋でみんな使っていたので、最終的には手が動かないほどに冷えて、教室の中にあるストーブをみんなで囲んでいました。そこで、好きな女の子の手を握ってまだすごく冷たいね、なんて言い合ったりしてたのを今でも覚えています。冬は夏よりも密着したりすることが多かったので、昔から恋の季節というイメージがその頃から強くありました。
【PR】
頭皮の悩み脂漏性皮膚炎にカダソンが効かない?