海外fxと国内fxの違い

fxの海外業者と国内fx業者の違いを端的に言えば、
資金となる種銭を大して持たない一般人が大金を稼ごうと思えば選択肢は海外fx一択となり、
国内業者はすでにある程度の資金を持っている者が使う場所と言えかもしれない
具体的に言えば、数十万レベルの資金までしか持たないトレーダーは海外を選ぶべきだし、
それが数百万レベル有ったとしても、自分ならまだ海外業者を使うだろうなと思う
じゃあ、数千万持っているなら?
国内業者一択、とはならない。
自分はそれでも海外業者を使うだろう。
国内の10倍以上はある、海外業者のハイレバレッジ、その資金効率だけに惚れ込んでいる訳ではない
自分の場合は、やはり万が一の急変時におけるゼロカットシステムの安心感。これに尽きる
海外業者にはそれがあり、国内業者にはそれがない
万が一の急変で資金以上の損失を出せてしまう国内の仕様では、常に借金を恐れながらのトレードになる
自分はそのストレスに耐えられない
鉄火場の状況いかんで借金背負って自殺みたいな状況は、ゼロカットを備える海外業者では起こり得ない
だから自分にとって国内業者とは、そもそもが論外なのだ