リフォームローンのシミュレーションを活用しよう

リフォームローンのシミュレーションがあることを知っていましたか?シミュレーションは金融機関のHPで試算することができます。
検索サイトで「リフォーム」「シミュレーション」と入力すると該当するサイトがたくさんヒットするので希望の見たいサイトをクリックすればOKです。
借入希望額、返済期間やボーナス時の返済額や割合を入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されます。
個人情報を登録することはないので軽い気持ちで利用することができます。
返済額の計算は複雑なため、素人では試算が大変ですので、積極的に利用することをお勧めします。
リフォームローンを利用することで受けることができる控除には所得税を控除することができます。
控除の申告をするとその年の所得税からリフォーム工事費の10%(限度額あり)が還付されるというものです。
対象となるリフォーム工事の内容と限度額に関しましては条件があり指定されています。
三世代同居や省エネ、耐震工事の場合は25万円、バリアフリーのするためのリフォーム工事では20万円と定められています。
控除の共用の要件として自分が所有して住むことや所得が3000万円以下という条件があります。
リフォームローンに落ちた、審査に通らなかったという人は、その原因を丁寧に分析することが大切です。
考えられる要因として借入希望金額が収入に対して高額すぎたのかもしれません。
勤続年数が短かったり非正規雇用だったりといった融資できないと判断されてしまうなんらかの問題があったのかもしれません。
例えばマイカーローンの返済中であったりリボ払い、キャッシング額が膨れ上がっているなどカードローンの利用状況も大きな要因となります。
まずは残債をなくすことがリフォームローンの審査に受かる近道と言えるでしょう。
口コミなどの評価が高いおすすめのリフォームローンを探すには ランキングサイトを参照するのが良いでしょう。
ですが、住宅事情は人それぞれで違いますので一概にネット情報を鵜のみにしてしまうのはいけません。
まず最初に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な金額を計算しピッタリのリフォームローンを探しましょう。
リフォームの費用が高額なる場合有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、低額で収まりそうであれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。
また、中古住宅の購入と一緒にリフォームをしようと考えている人は一体型のリフォームローンを選べば金利を低く抑えることができます。
知っておくと得かもしれないリフォームローン減税について説明します。
リフォームローン減税は住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になります。
対象となる工事内容についてですが何でも対象になるというわけではなくいくつか条件があります。
減税の対象となるリフォーム工事は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などで100万円を超える場合にやっと適用されるというものです。
申請を行う人物についても要件があり年収3000万円以下で返済期間が10年以上、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなどがあります。
減税制度を受けるには自己申告制になっているため入居した翌年に確定申告しなければ減税制度を受けられません。