色白に見える、メイクの方法

色白の肌に憧れていても、簡単に手に入るものではありませんよね。
もともと色黒だし、美白クリームにも限界があるし・・と、あきらめている方もおられるかもしれません。
そういう方は、色白メイクをしてみてはいかがでしょうか。
自然な感じに色白に見えたらいいと思いませんか?
色白メイクと言っても、そんなに色が白くない人が、かなり白めのファンデーションを付けるということではありません。
そんなことをしたら、顔の色と首の色がかなり違ってしまって、まるで「私は本当は色黒です」と言っているようなものになってしまいます。
白く塗るというよりは、自分の肌より少し明るめのファンデーションをつけるということです。
少しだけ明るめにしただけでも随分雰囲気が変わるものです。
ファンデーションをつける前にまずすることは、下地をつけるという事です。
下地は大切なベースメイクなのです。
どうしてでしょうか。
まず下地は肌を保護します。
ファンデーションには様々な成分が含まれているので、下地をつけないとそれが直接肌に浸透してしまいます。
肌荒れの原因にもなるのです。
肌が荒れると肌の透明感が失われますから、よけい肌がくすんでしまいます。
そして、下地は毛穴を目立たなくする効果があります。
ですから下地を付けてからファンデーションをつけると、ファンデーションを厚塗りする必要がないのです。
肌色を明るく見せるための下地の色は、ラベンダー系がいいと言われています。
ラベンダー系の下地は肌のくすみを薄くし、透明感を出すことが出来るのです。
ですから、まずラベンダー系の下地をつけてから少し明るめのファンデーションを付けることで、肌が明るく透明感のあるものに見えます。
ファンデーションはピンク系のリキッドファンデーションがいいでしょう。
リキッドの方が、艶が出て、しかも厚塗りになりません。
その上からルースパウダーを軽めにつけましょう。
ルースパウダーは自然な感じで、しかも美しく仕上げしてくれます。
色白メイクのもう一つのポイントはチークです。
ラベンダー系のピンク色のチークを薄く斜めに付けるといいでしょう。
チークを厚く塗ることは禁物です。
色白とは程遠い印象になってしまいます。
アイブロウは茶系で、アイブロウパウダーを使って、描きましょう。
ペンシルでくっきり描くより、色白っぽい柔らかな雰囲気がかもし出せます。
フリーキャッシング